自転車 ベル 義務。 自転車のベル本当に必要?

自転車に必要な装備品

危険を防止する時ってどんな時? ベルの使用は基本的には警笛鳴らせの道路標識がある場所に限られていますが、危険を防止するのにやむおえない時には例外的にベルを鳴らして良いことになっています。 自転車とほぼ同じような視界のオートバイでミラーが必要なのはアクセルがハンドル部分にあり、ハンドルを握ったまま後方を目視しようとするとアクセルの誤操作やハンドルのコントロールを失う恐れが高い(自転車でもハンドルを持ったままだとコントロールを失う人もいますね) そんなオートバイでもあくまでミラーでの確認は補助であり目視確認も必要だったと思いますけど・・・ いつも自分に都合良く法律をねじ曲げた解釈をする馬鹿が言っている「前の歩行者に注意を促すベルが義務」なんて道交法のどこを見ても書いていません。 (自転車の検査等) 第63条の10 警察官は、前条第一項の内閣府令で定める基準に適合する制動装置を備えていないため交通の危険を生じさせるおそれがある自転車と認められる自転車が運転されているときは、当該自転車を停止させ、及び当該自転車の制動装置について検査をすることができる。

もっと

自転車のベル(警音器)と道路交通法の基本

だとすると、下2つは自転車には 適用外ということになります。 これらを守らなかった場合は、警音器吹鳴義務違反となり、5万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

もっと

自転車のベルは取り付けが義務!おしゃれな超イチオシの製品を紹介!

徐行すべき場所 自転車は、道路標識等がある場合のほか、左右の見通しがきかない交差点等を通行しようとするときは、徐行しなければいけません。 あなたは、どの位自転車の法律をご存知でしょうか? 自転車は歩行者と同じと思っている方がいまだ多いですが、道路交通法では「軽車両」の扱いとなります。 タクシーなどを拾うために人が出てくることもあります。 (罰則 第一項については第百二十条第一項第八号、同条第二項 第二項については第百二十一条第一項第六号) [5万円以下の罰金等] (警察庁資料より引用) 道路運送車両の保安基準 第四章 軽車両の保安基準 (警音器) 第七十二条 乗用に供する軽車両には、適当な音響を発する警音器を備えなければならない。 自転車貸付業の自転車その他事業活動で利用する自転車は、自転車借受者及び従業員が安全で適正に利用できるように、その自転車のブレーキの状態やタイヤの空気圧などを点検しましょう。

もっと

ベルは義務化されてるのに、ミラーはなぜ?

今後、B店に修理・調整に出すのは遠慮したほうがいいでしょうか? ご意見があれば、よろしくお願いします。

もっと

自転車のルール知っていますか?

まったくの初心者なので、700cって何? という感じで調べている状態です。 今は変速付きママチャリで遊んでいます。 それで選ぶ際のフレームの素材なのですが、 アルミ、クロムモリブデン、カーボンと主にあるようですが、どれがよいのでしょうか。

もっと

自転車損害保険等の加入義務化について

周囲の状況を確認するのには、ミラーよりも音で確認するのが最も有効です。 先程の写真にも小さく写っていますが) 鈴を付けておくことで常にさり気なく存在をアピールでき、仮に歩道を走らざるをえない状況でも自然と歩行者にも注意をうながすことが出来ます。 まずはご自身やご家族の加入状況をチェックしましょう。 特に、 警音器、ブレーキ、前照灯及び反射器材又は尾灯灯が壊れた自転車を利用することは禁止されています。 B店の人も「次はここで買おう」と思ったり言ってもらえれば嬉しいでしょうし、そういった理由も話さずに変に遠慮して疎遠になる方が残念なことでしょう。 自転車利用者及び未成年者の保護者や事業者に対し、自転車損害賠償保険等への加入を義務づけています。 ミラーはあくまで補助。

もっと