四賀 球場。 10月17日(土)中地区CS ホームゲーム(松本市四賀球場)中止に伴うチケット払い戻しのごあんない

日本ウェルネス長野

先月の総務委員会では、これを簡単に認めるわけにはいかないという立場から、 2回「継続協議」としていて、その間の市の答弁でも、「適地か否かと問われれば適地とは言えない」ということも言われています。 ・四賀クラインガルテンの区画内における花・野菜づくりは、有機農法で行って下さい。 楽しんでいこうぜ! Show The Spirit! ~夢進~ コロナ禍の中、大会を開催して頂きました関係者の皆様 対戦相手の皆様 一年間 ありがとうございました!! 浅間スポーツ少年団 浅間スポーツ少年団は、創団22年目を迎えました。 前回の2月議会一般質問では、公共施設マネジメントを推進する体制について質問をしていますが、今回の四賀運動広場の面積拡大や、昨今の新庁舎や博物館の建設面積を見るにつけて、 本当に強力に、そして統括的に公共施設マネジメントを市として考えているのか、その姿勢に疑問を感じざるを得ません。 これは、各区画のガルテナーと地元住民との 肩の凝らない親戚関係を結んでもらい、野菜作りや収穫時期のアドバイスを中心とした農の知恵の伝授、作業の協力など をするものです。

もっと

日本ウェルネス長野

カテゴリー• 1,もともとはグラウンドの老朽化対策程度の改修の予定であった 四賀村と合併した松本市は、平成20年頃、築30年経過した 四賀グラウンドの老朽化対策を検討していました。 身の回りにある公共施設を2割削減するということは、想像するに簡単なことではありません。 【払い戻し方法】 払い戻し方法は、チケットの受取方法・支払い方法により異なります。

もっと

10月17日(土)中地区CS ホームゲーム(松本市四賀球場)中止に伴うチケット払い戻しのごあんない

6年間の議会での議論を通して、「本会議でこの規模とすることを答弁したから」、「議会で承認・議決されてきたから」といった手続き論に縛られ、地盤の瑕疵発覚後も、誰も立ち止まることができずにここまで来てしまったということはあってはならないことです。 はじめに、ここまでの経過を申し上げます。 平成25年、実施計画第43号の中で、四賀運動広場は「 老朽化した施設を改修するもの、また機能面で不足している設備の充実を図るもの」として登載され、その事業費は7億1,777万円となっていました。 26年9月には、規模の必要性を質した議案質疑に対して、「野球利用ニーズの高まり」と答えていますが、人口減少の局面にある中、いつまでのことを指すのでしょうか。 しかも、不適地とされ、ハザードマップにおける土砂災害警戒区域も一部駐車場にかかっている土地をあえて選定しているということでもあります。 また、すでに総工費17億8千万円の方向性も先の総務委員会で了承されていますが、市長から、地盤瑕疵を踏まえての市民説明を求めたいという趣旨で、一般質問として取り上げます。

もっと

10月17日(土)中地区CS ホームゲーム(松本市四賀球場)中止に伴うチケット払い戻しのごあんない

市長として、今回の地盤の支持力不足という瑕疵発覚を踏まえて、規模や事業費をゼロから見直すことも考えられました。 詳細な経過については、こちらの記事でご確認ください。 ここで言う「市営球場を補完する」がどういうことかといいますと、26年9月の教育民生委員会で、当時の課長が、「補完するとは、浅間の市営球場を改修している最中の、利用できないときに利用するという意味ではない」、「浅間の市営球場をメイン会場、四賀運動広場をサブ会場としている16大会の、会場の質の差を埋めたい」、「混んでいる市営球場で、やりたくてもできないものを四賀運動広場で行いたい」という意味であると説明されています。 四賀運動広場をこの規模に改修することで、もとの削減目標に加え、地区体育館2つ半分を削減しなければならないこととなります。

もっと

日本ウェルネス長野

平成26年度には、それぞれの議員が委員会の場で「2100人規模とした場合の経済効果の試算」や「大会誘致の現実性の担保」「人口減少局面における野球人口の推移検証」等が求められていますが、それらの検討はされていなかったのでしょうか。 4 注意事項 鍵の又貸し、合鍵の作製等の行為は絶対にしないでください。 その結果、 スタンド席を一部芝生席にすることで、2100人規模を維持しながら、1億3千万円増額した、17億8千万円で作るという今回の総工費が先月提示されるに至りました。 中規模大会とは、高校野球の地区予選大会などですが、現在は浅間の市営球場と、大町市の球場を使ってこの規模の大会は開催されており、塩尻市にも開催可能な球場があります。

もっと

松本市四賀球場 松本市ホームページ

まず、この建設に対して、今後どのような状況が発生するのかについて整理したいと思います。 このような財源不足に陥らないようにするには、公共施設の延べ床面積を、2025年度までに10%、2045年度までに20%削減しなければいけません。 市長からの市民への説明を求めた答弁がないこと、議員として市長に求めた質問に答えないこと、そして、 市長からの地盤瑕疵を踏まえた政治的判断に関する説明が一度もないまま、議会が明日の補正予算審議に臨まなければいけないことは本当に残念でした。 ・年間プログラムや交流事業に積極的に参加して下さい。 このように事業規模が大きくなる中、当時の議会に私はまだいませんでしたが、議会から疑問を呈する声が多く出されており、議事録を見ると「唐突感がある」「どういった経緯で急に倍増したのか」「ハザードマップの土砂災害警戒区域に駐車場の一部がかかっている」「市街地から比較的距離が離れている」「15億8千万円の総工費は高すぎる」といった様々な懸念が指摘されています。 (答弁) 市長からの市民への説明を求めた答弁がないこと、そして、市長からの地盤瑕疵を踏まえた政治的判断に関する説明が一度もないまま、議会が補正予算審議に臨まなければいけないことは本当に残念としかいいようがありません。 傍から見ていれば、「議会で認めてきたから」「あとから地盤瑕疵が判明して仕方なく」という印象を受け、本当に必要性があって17億8千万円を支出するのか、まるで仕方なく公金を支出するように受け止められかねず、私達議員も市民に説明ができなくなってしまいます。

もっと