感染 症 危険 情報 レベル。 外務省 海外安全ホームページ|海外安全ホームページを使いこなそう! 危険情報とは?

ドイツに対する感染症危険情報の引き上げ(レベル3:渡航中止勧告)

(4)カタール レベル2:不要不急の渡航は止めてください。 旅行会社によっては,外務省の危険情報のレベルに応じて,主催旅行の取りやめや顧客からのキャンセル料徴収の要否を決めているようですが,これらは旅行会社が自らの判断で行っていることです。 ) に対して感染症危険情報レベル1(十分注意してください) を発出します。

もっと

感染症危険情報の変更に伴う水際措置等手続の変更について

******************* 「また,上記の4段階のカテゴリーごとの表現に収まらない感染症特有の注意事項を,状況に応じて付記します。 また会見で茂木大臣は、3月に全世界を対象として一斉に引き上げた危険情報を解除することを発表した。 「レベル1:十分注意してください。 (渡航中止勧告)(滞在中の方は事情が許す限り早期の退避を検討してください。 )」など、文言が追加される。 (渡航中止勧告)(レベル引き上げ) (アジア)ミャンマー (中東・アフリカ)ヨルダン (3)レベル3:渡航は止めてください。

もっと

一部国・地域の感染症危険情報をレベル2に引き下げ

その他,厚生労働省検疫所のホームページ()においても,最新の感染症発生状況をはじめ,病気の概要や注意事項など,様々な感染症関連情報が提供されています。 上記の状況を踏まえ, 国民の皆様におかれては,海外への渡航の是非又はその延期の必要性について改めて御検討ください。

もっと

感染症危険情報の引き上げ|外務省

(場合によっては,現地に滞在している日本人の方々に対して退避の可能性や準備を促すメッセージを含むことがあります。 2 レベル3の国・地域を除く,全世界に対し,感染症危険情報レベルをレベル2(不要不急の渡航は止めてください。 )に引き上げ。 (日本国籍者は対象外) (3)水際措置の詳細については厚生労働省ホームページ水際対策の抜本的強化に関するQ&A (随時更新される予定です) をご覧ください。 旅行開始後の現地で危険情報が発せられた場合は、旅行会社と緊密に連絡を取り合った上で、旅行者はホテルなど安全な所で待機したり、指示によって予定を短縮して帰国する。 (レベル引き下げ) (アジア)韓国、シンガポール、タイ、台湾、中国(香港、マカオ含む)、ブルネイ、ベトナム (大洋州)オーストラリア、ニュージーランド (2)レベル3:渡航は止めてください。

もっと

全世界に対する感染症危険情報の発出(レベルの引き上げおよび維持)(3月31日)

4.「感染症危険情報」の色分け 予防対策の目安を4つのカテゴリーごとに色分けして表示します。 1 新型コロナウイルス感染症の感染者数とこれによる死亡者数については,世界的に急激な増加が見られ ,世界保健機関(WHO)は,3月11日,この感染症の拡大がパンデミックと形容されると評価しました。 また多数の地雷が残されているとみられる。 11月15日日以降、入国時に当該検査証明を提出しない場合には、入国拒否の対象となりますので、御注意下さい。 3.「感染症危険情報」のカテゴリー及び発出の目安 「感染症危険情報」の4段階のカテゴリーごとの発出の目安は以下のとおりです。 )に引き上げました。 渡航する場合には特別な注意を払うとともに,十分な安全対策をとってください。

もっと

感染症危険情報の変更に伴う水際措置等手続の変更について

[ ]• 特定の感染症に対し、IHR第49条に規定する緊急委員会において、同第12条に規定する「」が発出される場合等。 ( ) また、3か月未満の旅行や出張などの際には、海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう、外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。

もっと