弊害 類語。 「弊害」の意味と使い方、類語「障害・併害・支障」との違い

弊害とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

「弊害」の意味は 「害となる悪いこと。 2つの漢字の意味を見てみてもマイナスな意味しかありません。 弊害がある• パチンコをギャンブルではないと断言するのは 語弊がある。 故障」です。

もっと

弊害とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

(出典:石川達三『青春の蹉跌』) ・あまり身分が違う者を同列に扱うと、どうしても 弊害が生じる。 いつくしみ) 「恩情あるはからいを受けた」 恩義 (意味:報いるべき義理のある恩) 「恩義を受けたことは忘れないだろう」 報恩 (意味:恩に報いること。 害」です。 弊害は『害そのもの』を表しているのに対して、障害は計画を妨げるもののことで害そのものではありません。 物事の成立や進行の邪魔をするもの・また、妨げることを表します。 弊害を除く• 「障害を乗り越える」「障害となる」「障害が残る」などと言います。

もっと

「弊害」の意味と使い方、類語「障害・併害・支障」との違い

・プロポーズの言葉を聞いたら、過去に友人がされたのと同じフレーズを想起できる。

もっと

想起の意味・類語や対義語・使い方や例文|想起する/想起させる

弊害を受ける• 「弊害」は「害となる悪いこと。 傷つけることや悪いことの「害」と「悪」が合わさった言葉です。 )の形状、面積、色彩、意匠その他表示の方法の基準若しくは掲出物件(同条の規定に基づく条例によりその設置が禁止されているものを除く。 害) 「あの人物は害悪である」 悪弊 (意味:悪いならわし。 主に脳科学の分野において使用される言葉ですが、その意味には「潜在的意識の中に記憶があり、それは夢に表れたり、ある特定の経験・体験をすることによってふっと表れてくる」といった、普段、人が気づかない深層心理に隠れた記憶の再生を意味します。 身体に害を及ぼす」という意味になります。 使い方をみると『弊害』という言葉が単体で使用されることはほとんどありません。

もっと