森 博嗣 新刊。 森博嗣さんの新刊「χ(カイ)の悲劇」を読む前に読んでおかなければならないタイ...

森博嗣『幽霊を創出したのは誰か? Who Created the Ghost?』新刊の感想と考察!

追いつくチャンス! 読みながら待ちましょう!. ブログ自体は、昨年予告したとおり、12月末日(本日)で終了となりました。 ただトリックを解き明かすだけではなく、登場人物の人生や心の流れを、丁寧かつドラマティックに演出しているため、一粒で二度おいしい、多様なテイストを楽しめることでしょう。 森博嗣の特徴のひとつとして、その非常にハイペースな刊行スピードが挙げられ、それは専業作家になる前も健在だったのです。 これはバーチャルの世界で、 まるで日常のような リアル感が楽しめるゲームです。 ヴィリの別荘では、 エプロン姿のそっくりな二人の 女性が出迎えてくれます。 あるいは、その逆でしょうか。 仕事で書いていたものが、趣味に近づきつつあるというのは、僕にとってより高い価値を持つようになった、ということです。

もっと

【森博嗣】『Gシリーズ』の順番とあらすじを紹介するよ!【全11作品】

<あらすじ> 森博嗣は、ソーシャル・ディスタンスの達人だ。 こんにちは、あべし honjituno です。 それが人々に広く浸透したように観察されます。 6月6日、44歳になる人物のもとに届いた1通の脅迫状。 本書は、著書『作家の収支』でその収入を明らかにするなど、忌憚なく本質を突く作家・森博嗣が「お金の減らし方」と題し、人生とお金の付き合い方を解き明かします。 何件かの目撃情報も あるようです。 多くの情報を優先的にここへ流しています。

もっと

浮遊工作室 (近況報告)

夏休みの一週間を使って執筆した『冷たい密室と博士たち』が処女作です。 やはり人間は、 混沌としたリアル世界において、 この「肉体」という重量に 支えられて生き、 或いははこの煩わしいとも 思える「肉体」をこそ 愛おしんで初めて、 幸せを感じているのかも しれません。 また、この数年でも日本は豊かになったと感じます。 そうですね、まだよくわかっていないのですが、自分が思ったものが、だいぶ書けるようになってきた、つまり、イメージに近づいている、より自由になっている、という意味です。 森博嗣らしいミステリー要素が満載ですが、子どもでも読めるような冒険の展開もふんだんに含まれているため、親子で楽しむのも良いかもしれません。 』 リアル世界とバーチャル世界を行ったり来たりしながら・・・ たしかに、幽霊とは、 この世の人間が肉体を 失った状態のもの・・・ 私たちが「魂」と呼ぶ、 それだとすると、 リアル世界で肉体を捨てて バーチャルの世界に シフトして生きる生命体も、 同一の類だと考えていいよう な気もします。

もっと

森博嗣さんの新刊「χ(カイ)の悲劇」を読む前に読んでおかなければならないタイ...

今作で『悲しみよこんにちは』(フランソワーズ・サガン)を選ばれた理由を教えていただけますでしょうか。 そして、さらにその先には、 リアル世界からシフトした 生命体ではなく、 初めからバーチャル世界で 生まれたバーチャルの生命体 というものも出来てくる のでしょうか。 当時のメフィストに投稿し、早速次回作のオファーを受けるというスピードデビューでした。 名古屋大学工学部助教授として勤務するかたわら、1996年に『すべてがFになる』(講談社)で第1回メフィスト賞を受賞しデビュー。 一方、お金持ちは「お金は使えば使うほど増える」といいます。 取材のために訪れた頸城は、自伝執筆の傍ら、この事件にも関わることになっていく。 ・なにかのニュースを見たとき、「え、本当なの?」と少し疑って、そのニュースの出元がどこかを確認する必要があります。

もっと

浮遊工作室 (近況報告)

発売日順に並んでいます。 趣味ではない。 そもそも、人工知能や 人工細胞からなる 生命体を見れば、 「死」がないわけですから、 「死」という概念がなくなれば 当然「生」もなくなり、 「命」って何?という疑問も 沸き起こります。 後半は仕事の話が主です。 成長した西之園萌絵を見れるのは少し嬉しいです。 昨年は、自著の累計が1600万部を突破し、1610万部を目指す、と書きました。 まるで解説書のような タイトルですが、 れっきとした小説です。

もっと