ヒトラー 誕生 日。 ヒトラー

ヒトラーはなぜ独裁者となったのか【ナチ・ドイツの歴史】

後にヒトラーは『我が闘争』の中で以下の様に語っている。 議会が関与しなければそこに民意が反映される余地が存在しないことになる。

もっと

ヒトラーの予言(完全バージョン)

自国の野蛮な過去を直視し。 1928年5月20日には、ナチ党として初めてのに挑んだが、と呼ばれる好景気に沸いていた状況で支持は広がらず、12人の当選にとどまった。 圏の内、オーストリア方言からバイエルン方言の領域へ移住したことになった。 国内で変化と不安が続く中、大勢が軍から去ったが、ヒトラーは残ることを決意。 彼はキリスト教を「迷信じみた戯言」と断じた事がマルティン・ボルマンの残した『ヒットラーのテーブル・トーク』に記録されています。 しかも、誰がやったかも分かっている。 私が腹いせで退学した実科学校は卒業すべき所だった。

もっと

ヒトラーとはどんな人物だったのか?狂気の独裁者が残した逸話と予言

当時、アロイスはハプスブルク君主国の支持者であり、「自由主義的」な思想を持っていました。 第一のキーマンは、ドイツのヒンデンブルク大統領。 ヒトラーはこの頃絵葉書や版画の模写をおこない、インテリ層や商人などに絵画を売ることもあった。 失業をなくすこと。 彼をはじめ、貴族層と ドイツの精神的エリートがチェンバレンの賛美者になった。 税務官などの官吏に登用されるには法学を学ぶ必要があるが、当時のドイツで法律を学ぶにはが必修であった。 。

もっと

ヒトラーの人心掌握と演説術、『わが闘争』の誕生秘話

しかしこれは失敗に終わり、彼に反対する者は粛清されました。 よってまずは、ナチ党が独裁体制を確立するまでの歴史から追っていきたい。

もっと

ヒトラーの予言(完全バージョン)

ドイツは第一次世界大戦で敗戦国となり、ヒトラー自身も完全に打ちのめされた。 彼によれば、ドイツ民族の最大の悲劇は、終戦を迎えた1945年では終わりませんでした。 だがヒトラーは執拗に母に画家になる夢を語り、意志の弱いクララは息子の夢に理解を示していたが 、内心で不安でもあった。

もっと

ナチ・ドイツと現代日本〜ヒトラーは「恣意的な憲法解釈」から生まれた(石田 勇治)

職人として各地を放浪しながら働いていたゲオルクとマリアに接点があったとは考えがたく、またアロイスはゲオルクの養子にはされずシックルグルーバー姓で青年期まで過ごしている。 同年9月、クビツェクの前からヒトラーは突然姿を消した。 1884年、フランツィスカが病没すると1885年1月7日に47歳のアロイスは24歳のクララと三度目の結婚を行った。

もっと

~民主主義からヒトラーの独裁へ~わずか14年で滅んだワイマール共和国とは

翌年、一度は離党しながらも復帰して党首となったヒトラーは、忠実で賢く、残忍な側近を身辺に集めはじめる。 「彼ら(ユダヤ人)は獣たちが真の人類とは全くかけ離れた存在であるのと同様に、 我々には無縁の者どもなのだ」と、ヒトラーはラウシュニングに言っている。 その証拠に、後年、側近のシュペーアに「あんなものは読む必要がない」と語っているのである。 そのころすでにベルリンに侵入していたソ連軍は首相官邸に近づいていた。 しかし真剣に付き合ったこの女性との関係は、悲劇に終わりました。 ヒトラーの先を読む目のすごさに、ドイツ国民は感嘆していたのである。

もっと