三四郎 夏目 漱石。 「三四郎」夏目漱石を読んで考えた「STRAY SHEEP」

美禰子という謎 / 『三四郎』 夏目 漱石

そうしてすべての物がまた同時に建設されつつあるようにみえる。

もっと

三四郎池

三四郎は何も答えませんでしたが、口の中で「迷羊 ストレイシープ 」と繰り返しました。 ただ白いほうが看護婦だと思ったばかりである。

もっと

夏目漱石の「三四郎」を読了!あらすじや感想です!

まるで 不具 ( かたわ )にでも生まれたようなものである。 いずれも大切に筆記帳にしるしておいた。 野々宮先輩は理系男子だ。 よほど暇に任せて仕上げたものとみえて、堅い 樫 ( かし )の板をきれいに切り込んだてぎわは 素人 ( しろうと )とは思われない。

もっと

「三四郎」夏目漱石を読んで考えた「STRAY SHEEP」

。 高等学校の試験の採点で手に入れた臨時収入を野々宮への借金の返済に回そうとしていたが、与次郎がその金を馬券に擦ってしまう。 見るといろいろ書いてある。 (その他) 職工の妻 夫は満州に出稼ぎに出ている。

もっと