ポスト モダン 意味。 ポストモダン人類学:Postmodern Anthropology

ポストモダン(postmodern)

近代を乗り越えた世界。 設置する場所にもよりますが、ステンレス色やホワイト色などを選べば、あまり目立つこともないでしょう。 1979年にJ. ヨーロッパの近世から近代に至るまでの哲学は、数学を理想とし、「自我」や「理性」という原理から、演繹的に導かれた知の体系を築いていこうとした。

もっと

ポストモダン・ダンス

---三上剛史 「ポストモダン」とは、「精神の弁証法、 意味の解釈学、理性的人間あるいは労働者としての主体の解放、 富の発展」などの近代を根拠づけていた「大きな物語」、 すなわち「啓蒙の物語」への「不信感」ないしこの物語の衰退のことである リオタール。 (…中略…)わが国の首都の個性やスカイラインがさらに破壊され、ロンドンよりシカゴのダウンタウンにふさわしい巨大なガラスのビルが建設されて、セントポール大聖堂が小さく見えるようになったら悲劇です。 進歩とか理想とかを信じる思想。 そのような状況下において、『』(1979年)を著したによれば、「ポストモダンとは大きなの終焉」なのであった。 文化人類学用語集( ) われわれ自身の存在の批判的考察を理論とか教義とか、絶えず蓄積されて続いていく知識の集積と考 えてはいけない。 歴史的な人類の成長段階としての時代区分としては、未だ人類はモダン(近代)を生きているというしかありません。 リオタールは、 主著『ポスト・モダンの条件』(1979年)で、 「 大きな物語の終焉」という言葉でポストモダンをあらわしています。

もっと

チャールズ、チャールズ──ポスト・モダンの折衷主義と保守主義

そして一九九二年にその成果が以下のように発表された。 スポンサーリンク ポストモダン(postmodern)は 『近代(モダン)の後』という意味であるが、近代の後が現代(現在進行形の今)であるとしても 『近代と現代の歴史時間的な区分』は必ずしも明確でない。 エリート主義とポピュリズムの二種類のコードしか想定しないのは、単純過ぎるように思われるが、ジェンクスは使用者のために次のような提案を行なう。 いずれも共通しているのは 「 近代を見直そう、乗り越えよう」という考え方です。 この著作のジャケット(カバー)には、テーブルの上の大皿に盛られた青リンゴというような家庭的な写真が掲げられているが、テーブルの天板は海軍艦艇のボイラールームの床用に開発されたエンボス鋼板であり、果物皿は庭にくる小鳥を水浴びさせるためのコンクリート製の水盤を転用したものである。 モダン・ダンスを否定的にとらえる態度や、日常の動作を行なう試みから、ポストモダン・ダンスは「ノン・ダンス」あるいは「ニュー・ダンス」とも呼ばれた。

もっと

ポストモダン

記事のにご協力をお願いいたします。 冷静に考えて見れば、 近代という時代は人類史上ごく短い期間です。 歴史様式の引用や折衷を行う場合が多く,M. 現代が真にマルクス再生の時であるかどうかはまだわからないにしても、マルクス葬送の時でないことだけははっきりと断言することができる。 そうした主体成立の前提条件としての〈交換〉が、計算的理性によって〈自然〉を支配しようとする〈自己〉の拡大運動、〈啓蒙〉という名のより危険な神話を紡ぎ出す契機にもなっている。

もっと

ポストモダン の意味を具体例で教えて下さい。

の重要な実験はやによって引用された。

もっと

ポストモダン(postmodern)

言い換えれば、 「 作品自体から合理性を排除していった」ということです。 「ポストモダン建築」とは、 このような批判から生まれた言葉だったのです。 また両者ともに現代の建築界ではやや胡散臭いと思われている節があり、あまり本格的に論じられていないように思われる。 一方、1970年代末から、歴史主義的なモチーフをたくみに利用した折衷主義の建築が、「新しいもの」として現れてくる。 しかし、「ポストモダン文学」では、 このような価値観を作品には取り入れませんでした。 少なくとも、「ポストモダン」とはたんなる時代区分を示す用語ではなく、つねに「モダン」との緊張関係にある認識論的な概念だという点は意識しておく必要があるだろう。

もっと

仲正昌樹:ポスト・モダンの左旋回

大学では既存の広告や有名な小説の押絵などを使用した(の大学のように)。 ・機能主義あるいは社会を全体的なものとしてみるデュルケーム(主義)と、それとは対照 的な方法論的個人主義の例としてのウェーバーをモデルとして、社会理論の2大源流について批判的に考察する。 スポンサーリンク ポストモダンの考え方 「ポストモダン」とは、 どのような考えを重視するのでしょうか? 「ポストモダン」のことを、 「 脱近代」と訳す場合もあります。 合理性(住みやすさや便利さ)を追い求めた建築なので、 装飾性やデザイン性などは重視していません。 では、近代の思想とはどのようなもので、 ポストモダン(近代後の思想)とは 例えばどのようなものだったのでしょうか。 これこそポスト・モダニズムのエッセンスとなるような考え方ではないか、というわけです。

もっと

ポストモダンの哲学での意味とは

このポストモダンやポストモダニズムという機能主義から逸脱した概念は、1970年・1980年代の建築物以外にも、造形や文化、思想などに取り入れられています。 例えば、ジェンクスによれば、現在にいたるまでに世界は四つの宇宙(エネルギー、物質、生命、意識)を段階的に移行しており、次の段階の宇宙はバタフライ効果のように予想もつかない細部から発生している[図23]。 やっかいなのは、ポストモダン風な文体でとってもモダンな(この場合、平凡なという意味です)議論をする人がいて、本人それがポストモダンだと信じていることがあるという点です。 よって、「ポストモダン」「ポストモダニズム」もまた、そうした「モダン」「モダニズム」の文化や価値観に対する批判的態度の総称であると見なすことができる。 ポストモダン思想によって、理性という概念は批判された。 しかし反合理主義、非合理主義、原理主義とかになってしまってはダメみたいです。 ただ自ら八七年の第五版で「ポスト・モダニズム」が歴史化したことを告げたように、新しい言葉を人口に膾炙させ、いち早く六〇年代以降の新しい建築デザインの雰囲気を説明した功績は評価されるべきではないか。

もっと