国立 三重 病院。 国立病院・国立療養所の一覧

外来診察担当医

そこで三重病院は、小児医療(24時間体制の小児二次救急に加え、急性期から慢性期までの多くの小児内科/外科/整形外科疾患、心身症)、重症心身障がい児(者)医療、神経難病医療、リハビリテーション、様々な成人の回復期医療(呼吸器疾患など)、小児から成人までの糖尿病・代謝内分泌疾患医療、耳鼻いんこう科(特にアレルギー、難聴のエキスパート)、眼科、口腔外科、麻酔科などを担当しまして、比較的小規模ながらも、各分野で三重県のセンターとして機能しています。 外国医師臨床修練指定病院 臨床研究部は三重大学の連携大学院としても機能。 ()陸軍衛戍病院として設立された。

もっと

国立病院機構三重病院

(昭和52年) 04月 - 国立療養所静澄病院と改称 国立三重中央病院(三重中央医療センター) [ ]• ()千葉衛戍病院として創設された。 ()1999年12月1日、社会福祉法人へ移譲され、が開院。 対象となる主な病気 病 名 解説など 感染症 肺炎、麻疹(はしか)、インフルエンザ、病原大腸菌O157、髄膜炎、胃腸炎など アレルギー疾患 喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど 糖尿病 1型糖尿病、2型糖尿病(成人型の糖尿病) リウマチ性疾患 若年性特発性関節炎、小児SLE、若年性皮膚筋炎など 腎臓病 ネフローゼ症候群、腎炎 神経疾患 成長発達期にけいれん、運動、知能、感覚、行動、言葉やこころの問題などの神経系機能障害をおこす病気の診療を担当します。 ()2004年12月1日、国立療養所大牟田病院に統合された。 宮崎県 [ ]• 病床数 370床 診療科 内科、神経内科、呼吸器科、消化器科、内分泌内科、循環器科、血液・腫瘍内科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、リウマチ科、呼吸器外科、乳腺外科、乳腺・内分泌外科、、脳神経外科、皮膚科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、歯科口腔外科、麻酔科、泌尿器科、精神科 政策医療 呼吸器疾患(結核)、神経・筋疾患(神経難病)、重症心身障がい、エイズ 所在地 〒465-8620 愛知県名古屋市名東区梅森坂5-101 電話番号 052-801-1151 URL 精神科専門病院として、当地域の中心的役割を担っています。

もっと

国立病院機構三重中央医療センター

岐阜県 [ ]• 患者さんの立場に立ちながら、良質な医療を提供させていただけるよう、常に努めて参ります。 ()2003年7月1日、国立函館病院に統合された。 ()1997年12月1日、医師会へ移譲され、が開院。

もっと

国立病院・国立療養所の一覧

長野県 [ ]• 診察日:月曜日~金曜日(土曜、日曜、祝日は休診)• 病床数 388床 診療科 内科、精神科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、リウマチ科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、歯科口腔外科、麻酔科 政策医療 がん、循環器病、内分泌・代謝性疾患、重症心身障がい 所在地 〒440-8510 愛知県豊橋市飯村町字浜道上50 電話番号 0532-62-0301 URL 安心できる良質な医療を提供し、地域に貢献することを理念として、小さな子どもから高齢者までの総合成育医療を実施するとともに、臨床研究、教育研修、国際医療協力の推進にも努めています。 ()2001年6月1日、社会福祉法人「全国重症心身障害児(者)を守る会」へ移譲され、が開院した 群馬県 [ ]• また、緩和ケア病棟として48床を有し、地域のニーズに応えるべく「心のこもった医療」を病院の理念とし、「思いやりのある看護」を実践しています。 ()日本医療団高松療養所として設立された。

もっと

国立病院・国立療養所の一覧

()壱岐陸軍病院として設置された。 秋田県 [ ]• ()、弘前陸軍病院を経て、発足。 ()病院を基とする国立療養所旭川病院と国立旭川療養所が1972年に統合され設立された。 ()臨時福岡第2陸軍病院として設立、国立筑紫病院、国立福岡南病院を経て1972年、国立病院九州がんセンターとして設立された。 ()陸軍病院より引き継がれて発足した。 ()都城衛戍病院として創設された。

もっと