スイム ウェア メンズ。 スイムウェア(水着)の選び方は?ジム・フィットネス用のおすすめメンズウェアを紹介

メンズ 水着・スイムウェア

そのようなときにサポーターをはいていれば防ぐことができます。 ぴったりとしたプルオーバータイプ ジッパーなどがついていない頭から被って着るプルオーバータイプのラッシュガードは、一番メジャーです。 しかし、体に負担がかかることもあり、長時間の水泳やトレーニングには向いていません。

もっと

スイムウェア(水着)の選び方は?ジム・フィットネス用のおすすめメンズウェアを紹介

すべてのラッシュガードに保温性があるわけではありませんが、裏起毛やウェットスーツ生地の保温性の高いラッシュガードを着れば、水中で体が冷えにくくなります。 パンツとトップスがセットになっているため、デザインに統一感があり、セットで着るだけでおしゃれにまとまります。 メンズ用スイムウェアの上下セットとは? メンズ用スイムウェアというと、ハーフスパッツタイプ・ボックスタイプ・ブーメランパンツタイプといった種類がありますが、どれもパンツのみで上半身は基本的に裸です。 • 水中で運動をするときはフィットネス用か競泳用の水着がおすすめ 先ほど紹介したとおり、スイムウェアには競泳用・フィットネス用・おしゃれ水着の3種類があります。 体を冷やさないように保温性の高いラッシュガードを着たり、長袖のラッシュガードを着るなど、上着を着て水泳や水中トレーニングを行う男性も少なくありません。 海水浴で格好良くきめたいときにおすすめです。 ラッシュガードには、頭から被るタイプのプルオーバータイプや、ジッパーが付いていて脱ぎ着しやすいパーカータイプなどがあります。

もっと

スイムウェア(水着)の選び方は?ジム・フィットネス用のおすすめメンズウェアを紹介

素材はナイロン、ポリウレタン、ポリエステルなどが使用されており、高い伸縮性があります。 優れた耐塩素性• はっ水性 はっ水性が高いスイムウェアは、水を弾くため、ウェアが水を吸いにくくなります。 期間限定セール• サステナビリティ• ウェットスーツのインナーとして着ても良いですし、スイムウェアの上着として着ても良いでしょう。

もっと

メンズフィットネス用水着のおすすめ人気ランキング10選

ハーフスパッツタイプは、本格的に泳ぎたい人におすすめです。 UPFのあとに続く数字は「何も対策をせずに太陽光の下にいた場合より、約〇倍以上日焼けする時間を遅らせることができる」という基準です。 それぞれの特徴についてみていきましょう。 ポリウレタンを身体に巻き付く横方向に配置• 塩素によるダメージを受けにくく耐久性に優れているため、トレーニング頻度が高い人でも長く使い続けられます。 しかし長く使用していると、気付かないうちに生地が薄くなり、透けやすくなってしまうことがあります。 もともとラッシュガードは、サーフィン中の紫外線を防いだり、ウェットスーツのインナーとして着ることで肌の摩擦を抑える目的で使われるものでした。 乾きやすいから陸上でも快適 水中での運動や海水浴の途中、プールサイドや砂浜などで休憩することもあります。

もっと

メンズ 水着・スイムウェア

どうしたらおしゃれに着こなせるのか、ラッシュガードの着こなし方を紹介します。 ジムのプールで使用するメンズスイムウェアの購入を考えているのであれば、おすすめはフィットネス用か競泳用の水着です。 ラッシュガードを着たまま水の中にも入れますが、海辺や川辺でキャンプをする場合は、水から上がったあとの冷え対策として羽織るのにもおすすめです。 しかし、ラッシュガードならすぐ水分を乾かしてくれるものもあるため、動きやすく快適に過ごすことができます。 また、吸水速乾性について紹介しましたが、吸水速乾性が高いラッシュガードなら、汗や水分をすぐに吸収して乾かしてくれるため、海やプールから上がったあとに体温が奪われることを軽減してくれます。

もっと