リンデロン。 リンデロン錠0.5mg|一般的な治療薬【臨床研究情報ポータルサイト】

【薬剤師が解説】リンデロンVG軟膏の効果・副作用と使い分け

劇症肝炎• 直達鏡使用後• B型肝炎• 慢性<反復性>• 5mg• 胆汁うっ滞型急性肝炎• メニエル病• また刺激性が少ないのも特徴です。 痒疹群<重症例に限る>• ・服用しやすく、甘い。 5).その他の皮膚症状(ベタメタゾン吉草酸エステルによる):(頻度不明)ざ瘡様発疹、酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎(ほほに潮紅、口囲潮紅等、丘疹、膿疱、毛細血管拡張)、ステロイド皮膚(皮膚萎縮、毛細血管拡張、紫斑)、多毛、皮膚色素脱失[長期連用により、このような症状が現れた場合にはその使用を差し控え、副腎皮質ホルモンを含有しない薬剤に切り替える]。 重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。 服用量が多量の場合、免疫力が低下し、感染症になりやすくなりますので、外出時には、マスクをしたり、帰宅時には、うがいや手洗いをする様にして、感染しない様にする必要があります。

もっと

リンデロン−VG軟膏0.12%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

嗅覚障害• 非感染性腱炎• (3). 精神病の患者:大脳辺縁系の神経伝達物質に影響を与え、症状が増悪することがある〔11. 1.1参照〕。 光によって徐々に変化する。 顔面播種状粟粒性狼瘡<重症例に限る>• 6.ストレプトマイシン、カナマイシン、ゲンタマイシン、フラジオマイシン等のアミノグリコシド系抗生物質又はバシトラシンに対し過敏症の既往歴のある患者。 7). 体液・電解質:(頻度不明)浮腫、血圧上昇、低カリウム性アルカローシス。 結核性腹膜炎• 湿疹・皮膚炎・乾癬(かんせん)などから虫刺されまで幅広い皮膚症状の改善に使用されます。 市販薬の中で最もリンデロンVGと似ている薬は「ベトネベートN軟膏AS」です。 細菌感染した患部での細菌増殖を防ぐ抗生物質「フラジオマイシン硫酸塩」を配合 リンデロンDP ベタメタゾンジプロピオン酸エステルというステロイドを配合した薬です。

もっと

終末期に使用されるリンデロンはなぜ日中に投与したほうがいいのか?|ハテナース

眼窩炎性偽 腫瘍の対症療法• の対症療法• ・ 〈効能共通〉水痘又は麻疹の既往や予防接種を受けたことがある患者であっても、本剤投与中は、水痘又は麻疹を発症する可能性があるので留意すること。 血清病• 1~2mgを1日1~3回鼻腔内注入する• メニエル症候群• 全身性エリテマトーデス• しかし、血中半減期は約6. 薬物に過敏な喘息• 1.1参照〕。 粟粒結核• (60歳代病院勤務医、腎臓内科)• 耳管狭窄症• の対症療法• リウマチ性脊椎炎• ・癌のターミナルの在宅緩和治療に関わっていますが、倦怠感改善や食欲増進作用に優れ、重宝しています。 視束脊髄炎• 原則禁止• (その他の注意) 15. B型肝炎• ホジキン病• 炎症をおさえる ステロイド剤と、 細菌を殺す 抗生物質が配合されています。 結節性多発動脈炎• 化学物質中毒• リンデロン-VG軟膏0. 単純疱疹性角膜炎の患者[免疫機能抑制作用により,症状が増悪することがある。 (7). 緑内障の患者:眼圧の亢進により、緑内障が増悪することがある〔8. 今回は処方薬リンデロンVGの類似薬として、薬局やインターネットで購入できる市販薬ベトネベートN軟膏ASを紹介しました。

もっと

リンデロン注2mg(0.4%)

ただし、明らかな感染症があるときは、別途感染症に対する治療も必要です。 結核性疾患(抗結核剤と併用する) 結核性疾患(抗結核剤と併用する)肺結核(粟粒結核,重症結核に限る),結核性髄膜炎,結核性胸膜炎,結核性腹膜炎,結核性心のう炎• ステロイドのランク 特徴 リンデロンDP Very Strong:とても強い 大人は体幹部、子供は腕や足などに多く処方される リンデロンV Strong:強い 大人は全身~体幹部、子供の場合は顔や陰部を除く体幹部に処方されることが多い リンデロンVG Strong:とても強い リンデロンVと同成分で、さらに細菌感染した患部での細菌増殖を防ぐ抗生物質「ゲンタマイシン硫酸塩」を配合 リンデロンA Weakに相当(通常のステロイドとは異なる) 眼や耳などの特別な部位に使用される。

もっと