抵抗 率 公式。 抵抗率 ■わかりやすい高校物理の部屋■

抵抗率と導電率の関係

「電圧・電流・抵抗」は電気の計算をするために一番初めに理解しておかなくてはならないとても重要な項目なので、しっかりと勉強しておきましょう。 式 1 は図2の円柱の底面間のと断面を流れるによって導出することができる。 ) どうでしょう、「電線の長さ・太さ」と「抵抗の大きさ」の関係のイメージはつかめたでしょうか? 電線の抵抗は、 電線が長くなると大きくなって、電線が太くなると小さくなる つまり、 電線の抵抗を小さくするためには、電線を短く、太くする 電線の抵抗を大きくするためには、電線を長く、細くする ということになります。 ここでの水の勢いを「電流I」と捉えます。

もっと

合成抵抗の求め方(計算方法)

なるべく覚えることを減らして、楽しちゃいましょう! 要するに、 物質によって異なる定数で、単位面積・単位長さあたりの抵抗、ということです。

もっと

電解質の電気抵抗、電気伝導率

このことから、抵抗は電圧に比例することがわかりました。 この回路の場合、ここまでで計算してきたように公式にそのままあてはめることはできませんね。 つまり、コンダクタンス(抵抗の逆数)が大きいと電流が流れやすく、コンダクタンスが小さいと電流が流れにくい、ということになります。 電圧源と電流源が等価になるための条件や、電圧源から電流源、電流源から電圧源への等価変換のやり方などについて解説していますので参考にしてみてください。 関連項目 [ ] には電気伝導率のプロパティである があります。

もっと

電気抵抗率の比較

並列接続の合成抵抗の公式にあてはめてみます。 なお、英語の electrical conductance は電気伝導度と訳されることがあるが、標準的な用語はである。 抵抗率とは、電線に使用される材料によって決まっている値で、抵抗率が小さい材料を電線に使用すると電線の抵抗は小さくなり、抵抗率が大きい材料を電線に使用すると電線の抵抗は大きくなります。 向きを含めて表すと式 1 になる。

もっと