菜根 譚 福岡。 『楽昼』by palka26 : 菜根譚 本店

「菜根譚(さいこんたん)」とは?意味と名言を分かりやすく解説

¥80,000~¥99,999 [ 0]• ¥1,000~¥1,999 [ 0]• 私はいつも、しっかりと「大」です。 「菜根譚」の作者は明の時代の「洪自誠(こうじせい)」 このような意味を込めて、作者は書名を『菜根譚』としました。 菜根譚という書名は、の撰した「小学」の善行第六の末尾に、「汪信民、嘗(か)って人は常に菜根を咬み得ば、則(すなわ)ち百事做(な)すべし、と言う。 成功、勝利は逆境から始まるものだ。

もっと

「菜根譚(さいこんたん)」とは?意味と名言を分かりやすく解説

だから順調な時こそ、気持ちを引き締めてことに当たらなければならない。

もっと

評価分布 : 菜根譚 本店

誰もが派閥争いにあけくれ、優れた人材が追い落とされ、ずるがしこい人物だけがとりたてられていました。 『の菜根譚 今も昔も大切な100のことば』、新装版2015年、• 次に【後集】から抜粋して紹介します。 「菜根譚」の内容は処世訓 「菜根譚」には、醜い政争に巻き込まれる苦難の中で人間を観察し、晩年は達観の境地に至った洪自誠ならではの、鋭い洞察から生まれた多くの処世訓が書かれています。 だが、他人のつらさは見過ごしてはならない。

もっと

菜根譚本社 (福岡市早良区|弁当仕出し,料理仕出し

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 かたよった見方をして悪い人にだまされないようにしなさい。 【松下幸之助さんの言葉】 対立大いに結構。 著者の洪自誠については、名を 応名 おうめいといい、号を 還初道人 かんしょどうじんといったというだけで、それ以外の事は分かっていませんが、官僚政治家だったと言われています。 そこで11月の「100分 de 名著」では、混迷する時代の生きる指針の書ともいうべき「菜根譚」を取り上げたいと思います。

もっと

菜根譚(さいこんたん)から5つの名言*世界最高の処世術に助けられて

隠し事は暴かない。 現状を打破するのに、古典を全て読む必要も暗記する必要もありません。 そういう意味で、私自身もあらゆる角度から、人生について、人について学び続け、引き出しを増やしていきたい、と今回 菜根譚を読み直し感じました。

もっと