江ノ島 電鉄。 江ノ島電鉄

江ノ島電鉄の路線図

304編成 304-354 [ ] 304編成チョコ電塗装、稲村ヶ崎駅、2005年 概要 [ ] 1958年にのうち106・109号車を東横車輛電設で連接車に改造したもので、書類上は304編成が運行を開始した同年4月15日付で109号車が廃車届出され ている。

もっと

江ノ島電鉄の路線図

その後、下における国防を考慮した国策 において1944年11月に(の前身となる法令の一つ)による鉄道への変更が許可され 、終戦後の1945年11月に実施された。 現在設置されている自動放送装置は音声合成式で、腰越駅でのや途中駅での・車両交換についても英語で案内を放送できる。 注 1 江ノ島電鉄株式会社 2 和久田康雄「路面電車~ライトレールをめざして~」P157 3 前田義信 「交通経済要論」P77 4 前田義信 「交通経済要論」P80 5 『月刊・地域づくり』 財団法人 地域活性化センター 6 パーク&ライド再考 7 江ノ島 100年 参考文献 前田義信、交通経済要論、晃洋書房、1990年。 散水装置は車体先頭部床下に各200lの水タンクを搭載して運転台からの操作により散水するもの、レール塗油装置は曲線を検知し、曲線半径に応じて外軌側レールと内軌側ガードレールもしくは外軌側レールに塗油を行うもの• その解消のために各地で道路の新設・改良が進められているが、それがかえって自動車の需要を増加させるという意見もみられる。 」 4 また、交通渋滞なども深刻である。

もっと

江ノ島鎌倉観光1000形電車

車体は沿線住民からの譲渡希望もあったものの、結局前面のみを切断し極楽寺工場で保存、残りは全て解体処分された。 英語で「動力化」「自動車化」を意味する言葉である。

もっと

江ノ島鎌倉観光600形電車

23分• 台車は種車の雨宮製作所製のボールドウィン系で板台枠のものを改造したもので、中間の付随台車を連接用に改造したほか、枕バネは重ね板バネからコイルバネ2本とオイルダンパの組合わせに変更しているが、その後の304編成と異なり軸受はメタル軸受のままとされている。

もっと